Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

トピックス

##こちらのページでは、当会の最近の出来事など、掲載するページです。

11月2日 厚生労働・法務合同部会
親子法案について「すまいる親の会」の意見を述べてきました


親になる・親になった人の立場から
現状の不妊治療の課題および「生殖補助医療の提供等及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する法律案」に関して

2020年 11月 2日(月)
すまいる親の会 
事務局  清水 清美
三浦貴美子 

1.すまいる親の会の紹介
2003年、非配偶者間人工授精(AID)で親になることを検討しているカップルの自助グループとして設立。当初AIDに関する情報がほとんどなく、AIDに詳しい研究者や専門職者を、国内外から講師として招聘し、AIDで親になった人や生まれた人の体験談や養子縁組みの現場での取り組みから、家族をつくるとはどういうことなのか、どのようにすれば、AIDによる家族づくりでも、より良い家族を作る事が出来るのか、真摯に取り組み模索を続けてきました。
その中でも特に、AIDで生まれたことを大人になって知った人がアイデンティティ-クライシスを体験することを学び、生まれた人の視点からこの治療に向き合い、取り組んでいかなければ、家族は幸せにはなれないのではないかと考えるようになりました。昨今、この考えを治療前から学んでいる親たちは、子どもに対して真実を話しながら子育てをするという家族のあり方を検討するようになってきました。
現在、主な活動として、AIDで親になることを検討しているカップルへ、不妊を受けとめていくためのエモーショナルサポートや新しい家族形成に関する情報提供(表1)を主とした勉強会「すまいる勉強会」を年に2回、AIDで親になった親子の交流の場として「キッズ会」を年に1回開催しています。2019年の勉強会には、各回約60名の参加があり、会場の収容能力により参加者を絞らざる得ない状況となっています。

2.現状の不妊治療の課題  
1)ドナー不足により日本産科婦人科学会の会告下での実施が事実上困難となってきた
 わが国のAIDは70年以上の歴史があるが法的な規制はなく、日本産科婦人科学会の会告「非配偶者間人工授精と精子提供(1997年,その後2006年・2015年改定)」がガイドラインとして、登録医師らによって遵守されてきました。会告には、不妊カップル(レシピエント)の条件として婚姻関係にある夫婦に限定し精子提供者(ドナー)は匿名とする、レシピエントやドナー生まれた子どものプライバシーに配慮する、実施する医療機関は学会に登録し実施記録は保持する、営利目的での精子提供の斡旋もしくは関与の禁止等 が明記されています。
 昨今、上述した「生まれた人の視点」考慮するようになった医療者らは、原則匿名の提供精子を用いるものの、不妊カップルには子の幼少期からのtellingを奨励し、ドナーの同意には将来的に個人情報の開示が求められる可能性について説明するようになりました。しかし、個人情報の開示への抵抗や親子関係のトラブルに巻き込まれる懸念からドナーが激減し、「会告」下における精子提供の実施が困難となってきました(日本経済新聞,2018)。
 本会においても、勉強会に参加する人は数年前までは日本産科婦人科学会に登録している医療施設での実施を検討する人が主でした。しかし、昨今では、登録外の施設にて、親族内(親子間・兄弟間)でAIDや体外受精を検討する人、国外の医療施設や精子バンクの利用を検討する人が多勢を占め、また少数ではあるが「提供者との性交渉とシリンジ法では、妊娠率に違いはあるのか?」など質問する人も散見するようになった。参加者の関心が、「ドナーバンクのことが知りたい、台湾やアメリカの治療施設について知りたい」等、「どこで、何を使って実施するのか」という関心へシフトし、勉強会の目的である「より良い家族を作るために熟慮する」ことが困難になってきています。
また、これらの技術は現行においては「会告」外の水面下での実施であり、産んだ親にとって自己肯定感を得にくく、親から子へのtellingを困難にさせると懸念している。また、トラブルが発生しても表面化されることは少ないと懸念しています。
 
3.生殖補助医療法案「生殖補助医療の提供及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する法律案」について
 本法案は、治療を希望した男性が父として確定され、生まれた子どもは嫡出子としての立場が明確になること、提供者は扶養義務等の問題に巻き込まれる心配がなくなるなど、治療を希望した男性(非提供者)、提供者、生まれた子の人権の保障として、非配偶者間の生殖医療において必須の必要条件と考えます。
さらには、法律案の概要の基本理念(第3条)にあるように③生殖補助医療に用いられる精子・卵子の採取、管理等については、本技術は医療技術と定め、必ず医療管理下で実施され(精子提供の場合、医療を介さない方法で実施できてしまう)、レシピエント、ドナーそしてなにより生まれてくる子どもの安全性が確保されることを望みます。
 また、④生殖補助医療により生まれる子については心身ともに健やかに生まれ、かつ、育つことができる必要な配慮として、「出自を知る権利」を保障する体制の構築を望みます。
「出自を知る権利」の保障を遂行するためには、子どもにどのように望まれ生まれてきたのか、その事実を親が伝える(以下telling とする)こと、そして必要な時にドナーを特定できる情報が得らえることが必須となります。生まれた子が「ドナーを知りたい」と考えるか否かは不明だが、本技術を遂行する、国や医療そして親は、生まれた人が望むときに望む情報が得られるようその体制の構築に最善を尽くすことが重要と考えます。
 また、tellingすると、家族が崩壊してしまうと考えている不妊カップルは多いです。tellingしてうまくいっている家族の存在を知らないからだと思います。養子を迎える親が親になるために研修を受けたり、養育環境の視察を受けるように、非配偶者間生殖医療で親になる人は、「妊娠」や「出産」をゴールにするのでなく、子どもが生まれた後のことにも目を向けられるように、「親になるため」の研修を受ける機会を設けることは重要と考えます。
治療に入る前に、生まれた子とどのような親子関係(家庭)を築きたいのか、自分たちがつくりたい家族について、「誇りと責任が持てるか?」検討することは私たちの活動を通してとっても重要だと考えています。


11月5日 厚生労働・法務合同部会
親子法案について「すまいる親の会」の意見を述べてきました

家族として幸せになるために
AIDでうまれたこどもの幸せについて(親の立場から)
すまいる親の会 山田(親)

 26年前に治療をうけて出産しました。当時AIDは子供や周囲に話さないほうがうまくいくと医師から説明を受けました。墓場まで秘密をもっていく覚悟でした。治療中も子育て中も当事者グループはなく孤独な環境でした。子どもの成長と時を同じく、科学は進歩し遺伝子検査が一般的なものとなりました。子どもから私の目は、手は、誰に似たのと聞かれるたびに、いつかばれてしまうととても苦しかったことを思い出します。嘘を重ねて鬱病になりました。

子どもが小学校2年生の頃、当事者グループに出会い勉強会に参加して出自を知る権利という言葉を初めて聞きました。大人になって出自を知らされた子どもたちのお話を伺いこのまま嘘を重ねていては本当の家族にはなれないと思い至り、子どもが13歳の時に勇気を振り絞ってテリングをしました。素直に受け入れてくれ、それ以降は嘘のない家族になれました。父と娘の関係は良好で、明るく楽しい日々を過ごし、あっという間に家を巣立ちました。現在社会人となり3年目、仕事も順調で充実した日々を過ごしているようです。子育てを終えたいま、子どもと3人家族で過ごした時間がどれだけ幸せな時間だったか、夫婦2人に戻るとなおさらあの頃にもう一度戻りたくなります。

 あるとき娘とAIDの現状について話しをしていると、「このままAIDがなくなっては困るな。」と言うので理由を尋ねると、「結婚相手がもし無精子症だったら治療を受けて子どもを持ちたいから。」と答えました。その時にこの子は自分の生まれ方を肯定的に受け入れているのだなと思いました。自分はひとりっこで寂しかったので20代のうちに出産をして子どもを2人持ちたいという夢があるようです。そのために結婚を見据えてお付き合いをしています。とても現実的です。

 今感じていることはAIDが岐路に立たされていることです。悪い側面ばかりが前面に押し出されていて、幸せに暮らしている家族が見えていないために、治療への道が閉ざされてしまうのではないかと危惧しています。うちの娘は自分が特別な存在だと思って育っていません。そのため自分のやりたいこと、楽しいことを優先してきており、親の私のようにすまいる親の会でボランティアをするという発想も持っていません。自分の生まれ方に不満や大きな問題を感じていないので、これまでも、この件に関してなにも活動を行ってきておりません。今回、法案のために議員会館で発言するということも、唐突な事柄でしかありませんでした。

 家族史を振り返ってみると、もっと楽しく時間を過ごせなかったのかと残念に思います。
2003年に法整備がなされていればと悔やまれます。テリングまでの苦しい日々とその後の楽しい日々。楽しいながらも出自がわからないことへの申し訳なさ、出自がわからないことがかわいそうだという社会の声、責められているような気持ち、いつも口の奥で親しらずうずいているかのような、あるいは小骨がのどにささっているかのような、そのような気持ちを抱えていました。負の側面が残ったままでは、親子法が整備されても、AIDへの社会の見方は大きく変わりません。家族の精神的な負担も軽減されません。ドナー不足も解消されません。まずは子どもの権利を保障した法整備によって地ならしをして、第三者のかかわる生殖補助医療による、より良い家族作りの一歩を踏み出したいと願います。多様な家族のあり方を受け入れるきっかけになるように、これからの子どもたちのために未来を見据えた法整備をよろしくお願い致します。
以上

家族として幸せになるために
AIDでうまれたこどもの幸せについて(子の立場から)
                                    前掲 山田(娘)

当事者として発言することは初めてで、このような公の場では緊張するので、文章を読み上げさせていただきます。

私はDIで生まれて、両親から13歳の時にテリングを受けて成長しました。テリングを受けてからも家族関係は良好で、祖父母や叔母夫婦と血縁がないことを意識する必要がないほど大切にしてもらいました。

 これまでに特に悩んだことはありません。友人に両親と全然似ていないねと言われた時は、そりゃそうだよねと思うくらいでした。自分の大切な人には当然のように出自について話をしています。

 現在は実家を離れ会社員として独立して暮らしています。そんないま両親に対して伝えたいことは、生んでくれてありがとうということです。私が振り返って良かったと思うことは、両親が13歳という反抗期が終わって精神的に安定していた時期を選んで、ベストなタイミングでテリングをしてくれたことです。伝えるときに両親が揃って誠実に向き合って話をしてくれたからこそ、自分の出自に関して特別に不安に思うことはありません。両親から望まれて生まれてきていることが確認できていること、両親や親戚から大切にされていることがしっかりと自覚できているので、まったく不安に感じないのです。

 自分は自分の生まれ方にこのように向き合ってきたので、自分のアイデンティティーが揺らぐことはありません。ただ、育った環境や出自の知らされ方によって、感じ方がそれぞれ違うのは当然だと思います。出自を知った際に自分のアイデンティティーがわからなくなる人がいるので、自分自身と向き合うときに、必要とするのであれば、情報は提供されるべきだと思います。そのために出自を知る権利は必要だと思います。乗り越え方はひとそれぞれです。私は家族と向き合って乗り越えることができましたが、一人一人に合った選択ができる体制が準備されることが大切だと思います。

 自分がDIで生まれたことを知って傷ついている方もおられると思います。しかし、私のように幸せに暮らしている事例もあるので、DIという方法が一概に悪いと捉えてほしくはありません。一方で子どもを持つ安易な手段としてDIを選択することも望みません。DIという選択を残しつつ、親子が家族として誠実に向き合うための環境作りとして、法整備やフォローする場所、受け止める社会を整えて欲しいと思います。その中の一つが出自を知る権利だと考えています。

普段はこのことについて意識して生活することはありません。この度この場でお話しする機会をいただいてお伝えできることは、自分のようにDIで生まれ、テリングを受けて育った子どもでも、幸せに暮らしている事例があるということです。

 私からは以上です。ご静聴ありがとうございました。


家族として幸せになるために
AIDでうまれたこどもの幸せについて(親子の会話から) 資料提出
すまいる親の会 匿名希望

我が家は、慶応大学病院でのAID治療で授かった8歳と5歳の娘のいる4人家族です。
8歳の長女が6歳の頃に告知をしました。
5歳の娘は私の知らぬ間に長女からAIDについて聞いたようで、AIDについて既に知っています。
娘たちはAIDについては出自の一部として普通に捉えており、たまにAIDについての会話を娘ともします。と同時に、AIDについては我が家では当たり前の事として存在しているので、普段はAIDの事は娘の心にはほとんどなく、自らの遊びや関心事で心の中はいっぱいのようです。
以下に娘とのAIDについての会話の一部を載せます。まだ娘は8歳ではありますが、AIDを受け入れ幸せに暮らしている様子が伝われば幸いです。

【告知の時】
長女が6歳になってすぐに、ちょうど自然な会話の流れで告知をしました。長女の名前を「イチカ」としています。

イチカ:Aくんとイチカ、〇〇なとこがちょっと似てるんだよね〰。もしかしたらAくんのパパのパパのパパのパパのパパのパパと、イチカのパパのパパのパパのパパのパパが同じなのか(笑)

子供は親に似る(遺伝)という知識があったイチカが話の流れでこんな風に話したのです。あ、ちょうどいいタイミングだ、と思った私は切り出す事にしました。

私 :前にさ、ママとパパに中々赤ちゃん来てくれなかったって話したでしょ?実はね、パパにはパパの卵がなかったの。赤ちゃんが出来るには、ママの卵とパパの卵が必要なのよ。その2つがくっついて小さな赤ちゃんになるの。それでね、パパとママが赤ちゃん出来なくて悲しんで病院で相談してたら、パパの卵をプレゼントしてくれた人がいたの。だからそのプレゼントしてくれた人の卵とママの卵でイチカが産まれてきてくれたんだ。パパとママ、本当に嬉しくてね、プレゼントしてくれた人にはすごく感謝してるの。 そうそう、だから〇〇くんとイチカに似てるとこがあっても、パパのパパのパパのパパのパパのパパのパパが一緒っていのはちょっと違うかもね(笑)

その時の事をはっきりとは思い出せないのですが、私の説明で理解出来なかったところだけを聞き直し、内容を理解したあとは、ふーん、そうなんだー!と、普通に納得している様子でした。
その時のイチカは自然とその事実を受け止めている様子で、それ以上でもそれ以下でもない様子でした。そしてあっさり、会話が終わったらすぐに次の事に意識が切り替わって違うことをしていました。そしてその後も次の日も次の週も特段変わった様子は全くなくいたっていつも通りのイチカでした。 それなりに緊張をしてドキドキしながら告知をした私は、少し拍子抜け。 子供の時に告知を受けると大人が思っている以上に自然とAIDの事実を受け止める事が出来るんだな、と実感しました。

【告知後の長女との会話①】
イチカ:パパの卵をプレゼントしてくれた人(ドナーさん)は病院の先生なの??

良く話を聞いてみると、私のAIDの担当だったお医者さんがプレゼントしてくれたのかな?と思ったようです。そうではないことを伝えると、

イチカ:そっか、じゃあプレゼントしてくれたの誰なの?と。
私  :それがね、分からないんだぁ。他のお医者さんかなあとも思うんだけど、はっきりは分からないんだ。何だかサンタさんみたいだねえ。

私がそう答えると、お医者さんかもしれないんだ。でも分からないんだぁ。とそれ以上は話が発展せずに会話が終わりました。娘も、やはりドナーさんの事はちょっと気になるのだなあ、と思いました。今思い返すと、もっと娘に「パパの卵をプレゼントしてくれたの、誰だか知りたい?」など、もっと私も突っ込んで聞いてあげたほうが良かったのかもしれないなあ、と思います。
慶應病院でのAIDなので、ドナーさんが誰かは知ることは出来ないのだけれども、可能な限り娘の心にもっと寄り添ってあげなきゃな、と反省です。

【告知後の長女との会話②】
長女イチカが6才になった頃にAIDについての告知をした我が家。それから1年近く時が流れた頃に、イチカがこんな風に私に切り出しました。

イチカ:ママはおじいちゃんとおばあちゃんの卵から産まれたの?
私  :そうだよ??
イチカ:いいな。イチカもパパの卵から産まれたかったな・・・。
私  :そっか。そうだよね・・・。でもパパの卵がもしあったらイチカは産まれてきてくれてなかったんだよね・・。プレゼントしてくれた人の卵だったから、イチカが産まれてくれたから、ママはその人にありがとうって思って思ってるんだけどね。その人の卵で良かったっと思ってるんだけど・・・。でもそうだよね。
イチカ:その人にありがとうって言えた?
私  :プレゼントしてくれたの誰かわからないから言えてないんだ。

私がパパの卵があったらイチカとニコは産まれてきてくれてなくて、プレゼントしてくれた人の卵だったから二人が産まれてきてくれたんだよ、と説明している時、イチカは真剣な眼差しで聞いていました。
上手く文字に出来ないのですが、(ああ!確かに・・・!)とでも言っているかのような表情でした。パパの卵だったとしたら、産まれてくるのはイチカでない別の子になってしまうという事実にこの時気付いたのだと思います。その後あらためてイチカに質問してみました。

私  :プレゼントしてくれた人がどんな人かなーとか考えることたまにある?
イチカ:ううん、ない。
私  :パパの卵で産まれたかったなって思うことはたまにある?
イチカ:うん。

そうなんですね、そうなんですよね。イチカにとって、パパはパパ。
自分の始まりがパパからであってほしかった。その感情は自然ですよね。
その後ちょっとおちゃらけ始めたイチカは、

イチカ:「今のイチカのままでしばらくいて〜、で一度ママのお腹に戻ってパパの卵で今度産まれて〜、で又戻ってプレゼントしてくれた人の卵で又産まれて〜って行ったり来たりしたい〜(笑)」

多分、今の自分は好き。だから今の自分でいたい。
でもパパの卵で産まれたかった気持ちもある。そんなところなんだろうと思うのです。
その2つの感情に折り合いをどう付けていけばいいのかな。
時を重ねる内に、2つの感情は馴染んでいくのかな。
〈追記:この会話から1年以上経ちましたが、最近はパパの卵で産まれたかったとは言いません。感情の整理がされているのかもしれません。〉

【告知後の長女との会話③】
私  :ドナーさんに会ってみたい???
イチカ:うん
私  :すごく会いたい?出来るなら会いたい?
イチカ:出来るなら会いたい
私  :サンタさんかドナーさんか、どっちかに会えるって言ったらどっちに会う??
(サンタさんに会えるかな〜とクリスマスに言っていたイチカです。)
イチカ:えー分からないー選べない!

・・・ということは、サンタさんに会いたいのと同じくらいのレベルで、ドナーさんに会ってみたいのかな?

【告知後の長女との会話④】
日常生活の中で突然長女イチカが、
イチカ: イチカってパパの子供じゃないの??イチカはパパの卵でなくてプレゼントしてもらった卵
から生まれたからさ。と、言い出しました。

誤解のないように付け加えておくと、この質問をしてきたイチカの口ぶりは、いつもと同じ感じです。特に思いつめたり悲しそうだったりすることはなく、ごく普通の話し方でした。
イチカは喜怒哀楽がはっきりしていてすぐに自分の感情を出すタイプです。なので、この時も本当に自分がパパの子供じゃないかも!と思ったというよりは、ただパパは自分のパパであることを私に確認したかったのだと思います。
もしパパが本当に自分のパパじゃないかもしれないと思っていたら、もっと思いつめた口調になるはずですので。

私  :パパの子供に決まってるじゃんー!だって、パパとママの二人で子供欲しいねって相談して、卵をプレゼントしてもらおうって決めたんだよ。それでイチカが産まれたんだから、パパの卵でなくてもパパの子供なんだよー!パパの子供じゃないかもなんて言ったらパパすごく悲しむよー。
イチカ:そっかー

これ又普通の感じで納得して、あっさり会話は終了しました。
上記のやりとりから何日かして、イチカがパパにお手紙を書きました。
そこには、”なんさいになってもずーーーーーーーーーーっとパパのことがだいすきだよ。パパのこどものイチカより”  と書かれていました。
いつもの手紙は ”イチカより”、だけなのに、今回は、”パパのこどもの” が、付け足されていたのです。イチカ、自分がパパの子供だっていう事を再確認して、嬉しかったのだろうなと思いました。。
それを見て、思わず微笑んでしまったママでした。

【告知後の長女との会話⑤】
全くなんの脈絡もなく、突然長女イチカ7歳が言い出した。
イチカ:ねぇねぇ、パパとママ、卵プレゼントしてくれた人(ドナーさん)に感謝してるんでしょーーー??
私  :突然なんで(笑)?
イチカ:別にいいじゃんー!
私  :そりゃ感謝してるに決まってるじゃん!めっちゃしてるよ。ある意味命の恩人だからねっ!!。
イチカ:(嬉しそうな顔で)(ドナーさんは)神だねっ、神✨!!!

神だね・・・とは今風な表現ですが、まあ要するに、イチカの中でもドナーさんに対しての感謝の気持ちが育っているということなのかなーと、微笑ましく感じた一幕でした。
この幸せな日々も、本当に精子ドナーになってくれた方のお陰です。
感謝してもしてもしきれません✨ありがとうございます!


【告知後の長女との会話⑥】
イチカ:イチカとニコの卵をプレゼントしてくれた人達さ、もしかしたらその二人も兄弟かもしれないよねー??(注:イチカとニコのドナーさんはそれぞれ違う方たちです。)
私  :んー、まあそうね、可能性は低いけど0ではないねえー!
ま、分からないけど、でも二人に卵をプレゼントしてくれた人達は、すーんごい素敵な人達なんだろうなってママ思ってるんだ。」
イチカ:なんでー?
私  :え、だってこんな素敵な子たちが生まれてきたんだからさ、プレゼントしてくれた人達もすごく素敵に違いないっ!
イチカはちょっと照れて嬉しそうな様子で上機嫌でした

【告知後の長女との会話⑦】
イチカ:パパって卵がなかったでしょー?イチカはパパの子供だから、イチカも将来赤ちゃん出来ないかもしれないよねえ・・・。
私  :いや、イチカは卵プレゼントしてくれた人の卵とママの卵で赤ちゃんになったから、パパの卵ないのは関係ないよー。だから大丈夫!
イチカ:そっか。ねえママ、卵プレゼントしてくれた人に感謝してるんでしょー?(イチカ、ここで急に笑顔になる)
私  :そりゃもちろん!
イチカ:(笑いながら私にマイクを向けるジェスチャーで)「ハイ!卵をプレゼントしてもらった時、ママはどう思いましたか?」
私  :えーー、もうそりゃ嬉しかったよー!今まで赤ちゃんは出来ないって思ってたのがさ、プレゼントしてもらったからこれで赤ちゃんに会えるかもしれないー!って。」
イチカ:ふーん(嬉しそうにニコニコしながら)


【まとめ】
以上が告知以降の2年半程の間にイチカと交わした会話の一部です。
とはいっても、全てのAIDに関する会話の半分以上を締めていると思います。
それほど、日常的にはAIDの事を忘れて娘たちは生活しています。

会話を時系列に並べましたが、AIDについて感じる事が色々ありつつも、最近は特に長女の中でAIDが感謝と愛の感情で包まれてきているのを、長女との会話の様子からも感じます。

親の私がドナーさんに感謝しているという事実が長女にとってはとても嬉しいようです。
長女にとってもドナーさんは父親ではないけどちょっと特別な存在なのだと思います。
(娘は同年代の女の子と比べても繊細で深く考える部分があり、且つ喜怒哀楽をストレートに感情表現する性格です)

告知してからの日々は、親がドナーに対して感謝をしてAIDを肯定的に捉えている場合、それが子供たちにも伝わり、子供たちもAIDを肯定的に捉えていくのだな、と学ぶ日々でした。

そういう意味で、卵子提供や精子提供においては、親になる人へのカウンセリングが必須だと感じます。精子提供や卵子提供を肯定的に捉えていない場合は、子供の福祉の為に治療は踏みとどまったほうが良いと感じるからです。

日本の中でカウンセリングなど制度を整えた上での治療が可能になること・ドナーの法的立場や出自を知る権利などの法整備がなされることの2点が整えば、精子提供や卵子提供は一つの家族の形として十分に機能すると当事者として考えています。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional